ライフティ ブラックって本当?ライフティでおまとめできる?

ライフティについて

平成26年7月にゼィープラス株式会社からライフティ株式会社に社名変更をして、この度キャッシング事業を始めた会社です。

 

事業開始したばかりの会社はその信頼性に乏しい会社も多いのですが、ライフティはそのような会社とは違い、今までの別事業での実績があり安心して利用することができます。

 

 

ライフティの特徴

インターネットで即日融資にも対応

ライフティはインターネットキャッシングで24時間365日申込みすることができます。

 

もちろん最短で即日融資も可能となっています。

 

申込みをする際には本人確認書類、運転免許証・健康保険証・パスポートのどれかをファイル登録して送信することとなります。

 

ライフティの申し込み手順

 

リボルビング契約対応

ライフティの返済方式は借入後残高スライド元利定額リボルビング返済となっています。

 

もちろん限度枠内で繰り返し利用でき、借入残高に応じて返済額がかわってきます。

 

  • 借入残高5万円-返済額5,000円
  • 借入残高10万円-返済額5,000円
  • 借入残高20万円-返済額9,000円
  • 借入残高30万円-返済額13,000円
  • 借入残高50万円-返済額15,000円
  • 借入残高100万円-返済額30,000円

 

 

その他の特徴

融資額は1,000円単位

ライフティは1,000円から融資をしています。

 

少額から利用できるので、必要な時に必要な額だけ借りることができ、不必要な金利掛けずに済みます。

 

返済期日は35日サイクル制

ライフティでは返済日の翌日から35日後が次回返済日となっています。

 

ただし、初回借入時はお借り入れの翌日から35日後となります。

 

また返済は、返済期日の前であれば、いつでも返済することができます。

 

ライフティの返済金額

 

 

 

ライフティが安心・安全な理由

貸金業登録の歴史が長い

ライフティの貸金業登録番号は「東京都知事(4)第28992号」になり登録更新を続けています。

 

社名変更をして本格的なネットキャッシング事業を開始したのは比較的最近で、貸金業者としての歴史は長いです。

 

信販事業も行っている

ライフティは貸金業登録の他に個別信用購入あっせん登録もしており信販事業も運営しています。

 

(個別信用購入あっせん登録番号:関東(個)第63号-1)

 

個別信用購入あっせんというのは、消費者が販売業者から商品等を購入する際に販売業者と提携しているクレジット会社と立替払契約を結ぶ形態のことです。

 

一般的に言うとショッピングクレジットと言うものです。

 

信販事業の管轄は経済産業省で貸金業以上に厳しく、健全な企業以外は認可されることはまずありません。

 

関連会社も含め組織の規模は大きい

ライフティの関連会社に「株式会社ビジネスパートナー」というものがあります。

 

この株式会社ビジネスパートナーは規模も大きくリース事業では有名な事業だと思います。

 

平成26年4月現在で、東京本店以外に札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡に支店があり海外子会社もあります。

 

またその他にも「ジャパントラスト債権回収株式会社」というサービサーもあります。

 

サービサー事業を行うには、資本金が5億円以上の株式会社で、常務に従事する取締役のうちに、その職務を公正かつ的確に遂行できる知識、経験を有する弁護士がいることなど厳しい条件が定められています。

 

このようにライフティはグループ全体としてはかなり大規模な会社です。

 

 

ライフティの審査基準

ライフティは平成26年7月度からネットキャッシング事業を開始したばかりなので、口コミなどの情報もあまり多くは無いです。

 

審査基準も含めてまだ不明な部分が多いですが関連会社の「ビジネスパートナー」も柔軟審査で評判がいいことから、この時期にキャッシング事業に参入してきたことを考慮すると比較的借り入れしやすいと思います。

 

また、審査が通らない時は下記内容があげれます。

  • 延滞、法的事故者
  • 未成年者
  • 所得がない方
  • 1世帯2回以上の申込み
  • 申込みから1週間以内に電話やメールで本人確認がとれない方